にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

categories

archives

selected entries

recommend

recent comment

others

片はづし003<紫帽子>付き

 

今回のイラストメモは「片はづしの<紫帽子>付き」です

「紫帽子」または「野郎帽子」と呼ばれています!


イラストのように

女形の人が前髪のところに紫色などの布をつけるカツラです

.........

1603年に出雲のお国という女性が「歌舞伎踊り」をスタート!

女優たちは遊女のような事もしていた〜この「●遊女歌舞伎」は

幕府の取り合いまりに合い禁止!!

1652年に少年が女装して演じる「●若衆歌舞伎」が禁止!!

(男同士の恋愛等の問題で!)


そして!今日の歌舞伎の原型である......

前髪を剃り落とした成人の髪型(野郎頭)で舞台にあがる

「●野郎歌舞伎」が登場!

この頃は鬘(かつら)というものはまだ無くて

(江戸時代なので〜男はチョンマゲですから(笑^^!)

....野郎頭になった女形の役者たちは

この頭では色気が無いと月代を隠す為に紫の袱紗を被せたのが始まり.........


それによりかえって色気が出た!と「野郎帽子」として流行しました


カツラが発明された後も

カツラ(みの)の生え際の技術が発達していなかったので

富士額をこれで隠していましたい

今は(古風な演目...古風な役柄に!!)古風さを出すのに使われてます


同じ演目でも本人や主演者のご意向で付けたり付けなかったりが

あるようです


○イラストは『重の井子別れの重の井』ヨリ.....................

歌舞伎のカツラのイラスト


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック